マンション売却の専属契約のメリット

マンション売却をするときは、大まかに専属契約と一般契約の2つの契約法があります。
専属の契約の場合は、マンション売却を依頼する仲介会社は1社のみになります。
一般契約の場合は、複数の仲介会社と契約を結ぶことができます。
専属の場合は、マンション売却を依頼した業者のみが売却を進めることができます。
売主が自分で買いたい人を見つけても、その人にマンションを売ることはできません。
専属の場合だったら、依頼した業者が良心的だったら、親身になって買主を探してくれます。
買主が見つかったら、自分の会社も仲介料を得ることができるので、一生懸命に買主を探す努力をしてくれます。
1社のみとの契約なので、いろいろな手続きが簡単になるメリットもあります。
複数の会社と契約した場合は、内覧の回数などが増えることも予想されます。
内覧のたびに部屋の中をきれいに掃除しないといけないので、時間と手間がかかってしまいます。
もし信頼のできる不動産屋が見つかった場合は、専属契約の方が好ましいと言えます。
一般の契約だったら、自社の利益にならないこともあるので、営業活動にそれほど熱心でない会社もあります。
しかし自分の会社だけの物件だったら、売れたら必ず利益になるので、営業活動を熱心に行ってくれます。