住宅ローンの担保提供者とは?

住宅ローンを組む場合、担保提供者という言葉を耳にする機会も多いです。
でも実際どのような人の事を言うのかわからないという人も、多いのではないでしょうか。
住宅ローンの場合金額が大きい為、万が一支払いが出来なくなった場合に備え、担保となる不動産を提供しなければいけないケースも多いです。
担保となる不動産は住宅ローンを利用する為に購入した家やマンション、土地などになるのですが、その不動産の所有者が担保提供者になります。
ではどんな人が該当するのかというと、よくある例として挙げられるのが、親の土地に債務者が建物を建てた場合です。この場合は親が担保提供者になります。
担保提供者は万が一債務者が住宅ローンが払えなくなった場合、土地は担保として取られてしまいますが、連帯保証人のように残った借金を返す義務はありません。
その為連帯保証人に比べれば責任は軽いと言えます。
意外と担保提供者に付いて知らずになっていることも多い為、実際どんな人の事を言いどんな責任があるのかなどしっかり理解したうえで住宅ローンを組むことをお勧めします。
また担保を提供する場合は、どんなリスクがあるのかしっかり確認してからなるようにすると良いです。