住宅ローンの推移としてはまずは

住宅ローンの金利の推移ですが、これは下がっています。
傾向として、金利は低金利化になっています。
住宅ローンは少しでも金利を安く借りることができるようにしたほうがよいです。
つまりは、今までの推移は十分に参考になる、ということでもあります。
これからマイナス金利によって、更に下がる可能性が高くなっています。
今後の推移を予測するのは、なかなか難しいわけですから、出来るだけ住宅ローンの慎重に決める必要があります。
人生を左右することになりますから、簡単に決めるべきではないです。
金利というのは、低いほうが良いに決まっています。
それは問題ないことではありますが、さすがに条件が色々とあります。
或いは金融機関が特定の条件を満たすと優遇してくれるときもあります。
例えば、定期預金をすることによって、金利を更に下げてくれる場合もあります。
そうした金融サービスは積極的に利用したほうがよいでしょう。
上手くすればかなり利息の支払いを抑え込むことができるようになります。
基本的にはかなり計画的に借りるべきですが、推移として低金利化が進んでいるのは確かです。
つまりは、今がチャンスともいえますから、果敢に決断する時期ともいえます。