住宅ローンの借り換えではどのくらい得になるのでしょう

リーマンショックや東日本震災前は住宅ローンの金利は2パーセント代から3パーセント代がほとんどでした。
当時35年のローンを組んでいた人にとっては、今のマイナス金利政策による銀行での住宅ローン金利の引き下げは、http://www.mortgage-pro.info/を読んでもわかるとおり、借り換えのチャンスだと言えるでしょう。
借り入れ元金が多い住宅ローンは、仮に元金が3,000万円で1パーセントの金利が下がるだけでも年間にして30万円の支払額が得になるのです。

もちろん、残りの返済年数や借り入れ額が多いとお得になる金額も多くなってきます。
それでは、ローンの残り年数や借り入れ額の残りが多いケースでは、どのくらいお得になるのでしょうか?

現在、借り換え住宅ローンのプランを出しているネット銀行も含めて、銀行での変動金利は平均して0・5パーセント前後です。
その場合、元金2,500万円で残りのローン期間を20年だとすると、平均して600万円代後半から700万円程の総支払額がお得になります。
ただし、諸経費も発生するのです。
事務手数料、保証料、保証会社手数料、抵当権設定登録免許税、司法書士手数料、印紙税などの諸費用がかかります。
各銀行でもWebでの申し込みプランと来店でのプランによって手数料が違う場合があります。
また、プランや銀行によって保証料が0円で保証会社手数料が元金に年率2パーセント程度かかる場合もあります。
平均すると諸費用の合計は50万円から80万円になります。

固定金利の平均は、1パーセント弱から1.7パーセント代まで、幅もあります。
どの銀行でも、固定金利の年数別のプランも幅があり、年数が長いと金利も高くなる傾向にあります。
中には、りそな銀行の10年固定金利(Web)のように、特に低いプランをピンポイントで設定している銀行もあります。
固定金利の方が安心できるので、残り年数が長いのでしたら、安心は出来ます。
ただし、先程のお得になる金額は、変動金利の平均での金額ですので、当然、金利が倍を上回る金利になりやすい固定金利での借り換えにおいては、お得になる金額は半分以下になるのです。

また、各銀行も審査の段階で、一年間のローン返済金額が収入の約35パーセント程度で設定されています。
借り換えをするまでの数年間で、車や学資のローンや消費者金融でのローンが増えていると、年間の返済金額が下がるので、場合によってはローンの残り年数を増やす事になる可能性もあります。
年数が増えてしまうと、総支払額も増えてしまうので、お得になる金額も更に減ってしまうのです。

残り年数と借り入れ額を各銀行のプランと照らし合せて、果たしてお得になるのか?
慎重な判断が必要だと言えるでしょう!

住宅ローンの推移としてはまずは

住宅ローンの金利の推移ですが、これは下がっています。
傾向として、金利は低金利化になっています。
住宅ローンは少しでも金利を安く借りることができるようにしたほうがよいです。
つまりは、今までの推移は十分に参考になる、ということでもあります。
これからマイナス金利によって、更に下がる可能性が高くなっています。
今後の推移を予測するのは、なかなか難しいわけですから、出来るだけ住宅ローンの慎重に決める必要があります。
人生を左右することになりますから、簡単に決めるべきではないです。
金利というのは、低いほうが良いに決まっています。
それは問題ないことではありますが、さすがに条件が色々とあります。
或いは金融機関が特定の条件を満たすと優遇してくれるときもあります。
例えば、定期預金をすることによって、金利を更に下げてくれる場合もあります。
そうした金融サービスは積極的に利用したほうがよいでしょう。
上手くすればかなり利息の支払いを抑え込むことができるようになります。
基本的にはかなり計画的に借りるべきですが、推移として低金利化が進んでいるのは確かです。
つまりは、今がチャンスともいえますから、果敢に決断する時期ともいえます。

住宅ローンは固定か変動かが重要です

住宅ローンを利用する事で住宅を気軽に購入する事が可能です。
本来なら住宅物件を購入するには、高額の費用が発生するので、大金を用意しなければなりませんが、住宅ローンなら分割で少しずつお金を支払っていく事で返済が出来るようになるので、お金をすぐに用意出来ないという方でも住宅を購入する事が可能です。
住宅ローンの手数料は安い場合が多いので、安心してサービスを利用出来ます。
しかし、住宅ローンを利用する際に注意したいのが、金利が固定が変動か、という点です。
金利とは、お金の借り入れサービスの手数料の事を言います。
固定型の所と変動型の所があり、どちらにもメリットがあります。
固定型の所は最初に決められた金額のままで金利を支払っていく事になりますが、変動型の金利は状況によって金利の価格が変わるという物です。
変動型は固定型より安くなる場合も多いですが、総額では変動型の方が高額になる場合もあります。
計画を立ててちゃんと返済をしていくなら、なるべく状況によって変わるような要素を入れない方が失敗しにくいので、固定型の方を選んだ方がお得です。
失敗をしない為にも、自分に合った方をちゃんと先に比較して選ぶようにしましょう。

マンション売却をする時は交渉が欠かせないです

設備機器が揃っていて快適に暮らす事ができるのは、マンションとなっています。
駐車場も完備されており、自動車を保有していても安心です。
マンションなどの不動産に関しては使用期間が長くなると当然のように老朽化が目立つようになるので、売る事を検討する必要があります。
マンション売却をする時には、不動産業者に依頼をするのが一般的です。
マンション売却をする時には、交渉をする事が重要となります。
交渉をしないと安値で買い取られる可能性が高いので、こういった点には注意をしなければならないです。
故に、マンション売却をする際には交渉をする事が重要となっています。
担当者と話し合いを行い、買取価格が高くなったら売りましょう。
もちろん、売る前に室内の掃除をする事が大事です。
汚れた部屋を見せると印象が悪くなるので、留意をする必要があります。
無事に交渉が終わり住まいを売却したら、新たな住居を購入するのが一般的です。
売ったお金については、口座に振り込まれるので確認しておきましょう。
中古マンションだと非常に値段が安いのでオススメです。
中古マンションと言っても状態が良く、購入後に不満を感じることなく有意義に日常生活を営めます。

住宅ローンの担保提供者とは?

住宅ローンを組む場合、担保提供者という言葉を耳にする機会も多いです。
でも実際どのような人の事を言うのかわからないという人も、多いのではないでしょうか。
住宅ローンの場合金額が大きい為、万が一支払いが出来なくなった場合に備え、担保となる不動産を提供しなければいけないケースも多いです。
担保となる不動産は住宅ローンを利用する為に購入した家やマンション、土地などになるのですが、その不動産の所有者が担保提供者になります。
ではどんな人が該当するのかというと、よくある例として挙げられるのが、親の土地に債務者が建物を建てた場合です。この場合は親が担保提供者になります。
担保提供者は万が一債務者が住宅ローンが払えなくなった場合、土地は担保として取られてしまいますが、連帯保証人のように残った借金を返す義務はありません。
その為連帯保証人に比べれば責任は軽いと言えます。
意外と担保提供者に付いて知らずになっていることも多い為、実際どんな人の事を言いどんな責任があるのかなどしっかり理解したうえで住宅ローンを組むことをお勧めします。
また担保を提供する場合は、どんなリスクがあるのかしっかり確認してからなるようにすると良いです。

住宅ローンの贈与税の夫婦問題

住宅ローンに関して贈与税が夫婦で発生しない為にも、持分を半分にしてそれぞれ双方が無くなったケースでその財産を引き継ぐ事とすると、節税の状況となります。
住宅ローンを組む時にそれぞれの持分を分けて置く事で、贈与税を少なくする流れとなり夫婦であればある程度引き継ぐ財産の部分で購入する住宅などで、まずは節税を行う事が出来る様です。
そこを考えて住宅ローンを組みながら、夫婦の間で発生する贈与税を考慮していく流れとなります。
同じ状況で節税を行えば、やはり贈与税を支払う事ももったいない状況であり、夫婦で同じ所で生活を送る部分としても、住宅ローンの際に持分を分けてローンを組めば、もし財産を引き継ぐ流れとなればそこで節税の効果を発揮する事となります。
それぞれの税金の状況も、例えば夫の住宅購入の名義でローンを支払う流れとして、夫が亡くなったりするとそこでどうしても資産を引き継ぐ為に贈与税が発生する事となります。
夫婦であればその辺りを考えて、住宅ローンも色々な状況で先の事をある程度考えながら対応していく必要があり、色々と税金の支払などの部分で不利にならない為にも、その辺りを勉強してより良い形で契約する必要があります。

マンション売却を有利にする物件の清掃

所有するマンションを売却する場合、いかに早く買い手を見つけるかが重要です。
買い手が見つからない間は、維持のための負担がかかります。
そこで買い手を見つけやすい対策を講じ、マンション売却のプラスにできます。
マンション物件の購入を考えている買い手は、対象物件を内覧して確認を行います。
その際に、物件内部が汚れたままであると、印象が良くありません。
買い手に興味を持ってもらうためには、できるだけ美しい状態を保つ必要があります。
マンション売却を前にして、清掃作業を行います。
散らかっているゴミは片付けると共に、壁や天井などの汚れも落とした方が印象が良いです。
また傷んでいる部分は、修復しておくと買い手が早く見つかります。
清掃の手間をかけるだけでも、マンション売却に有利です。
買い手がなかなか見つからないとすれば、もう一度マンションを確認してみると原因が見つかる可能性があります。
見落としている部分が汚れていて、買い手に悪い印象を与えている場合もあります。
買い手が見つかるまでの間、こまめにマンション物件の清掃を行っておけば、いつでも理想的な状態で内覧を行ってもらえます。
こうしたこまめな手間が、マンション売却を有利に進めるためコツです。

マンション売却の専属契約のメリット

マンション売却をするときは、大まかに専属契約と一般契約の2つの契約法があります。
専属の契約の場合は、マンション売却を依頼する仲介会社は1社のみになります。
一般契約の場合は、複数の仲介会社と契約を結ぶことができます。
専属の場合は、マンション売却を依頼した業者のみが売却を進めることができます。
売主が自分で買いたい人を見つけても、その人にマンションを売ることはできません。
専属の場合だったら、依頼した業者が良心的だったら、親身になって買主を探してくれます。
買主が見つかったら、自分の会社も仲介料を得ることができるので、一生懸命に買主を探す努力をしてくれます。
1社のみとの契約なので、いろいろな手続きが簡単になるメリットもあります。
複数の会社と契約した場合は、内覧の回数などが増えることも予想されます。
内覧のたびに部屋の中をきれいに掃除しないといけないので、時間と手間がかかってしまいます。
もし信頼のできる不動産屋が見つかった場合は、専属契約の方が好ましいと言えます。
一般の契約だったら、自社の利益にならないこともあるので、営業活動にそれほど熱心でない会社もあります。
しかし自分の会社だけの物件だったら、売れたら必ず利益になるので、営業活動を熱心に行ってくれます。

住宅ローンの贈与税や非課税とは!

住宅ローンは贈与税などは非課税対象となります。
元々値段が高い物件なので、しっかりとお金を返済するだけもきついため、贈与税などを非課税扱いとしてくれるので、税金関係の心配をする必要があります。
営業目的で所有してる場合には固定資産税という形でとられますが、基本は贈与税は非課税対象となると覚えておいてください。
住宅ローンの審査を受ける際に注意すべきことは、利息の種類が二つあることです。
一つは変動金利です。
変動金利は周りの状況に合わせて利息が変化するので、損になるか得になるかまったく予想することができません。
なのでリスクが高いのが変動金利といえます。
一方固定金利とは、住宅ローンの返済が終わるまでの期間の間、一定の利息を支払うことになります。
なのでリスクが少ないといえます。
ただ損や得などもないと言えます。
それぞれの状況に合わせて、適切な利息計算方法を選ぶことにしてください。
住宅ローンの審査などは、収入や年齢や職種や資産状況など詳しいことまで調べられることになります。
住宅の値段自体が高いので、しっかりと信頼する人のみに、お金を貸したいと思うからです。
途中で月の返済可能額を返さないなどの事態を避けるためです。

熊本から全国へ!肥後銀行の住宅ローン

自宅を新築、または購入されるときにはほとんどの方がローンを組まれることと思います。
最近ではネット銀行系のローンも増えてきて、選択の幅が広がってきました。
しかしながら、以前から住宅ローン業務を取り扱ってきた都市銀行、地方銀行に安心感を感じる方が以前として多くおられるのも事実です。
銀行業界はバブル崩壊後、合併や統合を繰り返してきましたが、特にこの数年、九州地方では地方銀行間の経営統合がすすみ、県境をこえて事業を拡大していこうとする動きが活発です。
肥後銀行は熊本県を中心に事業を展開してきた銀行ですが、鹿児島銀行との経営統合により、現在は九州フィナンシャルグループの一員として事業展開を図っています。
その肥後銀行の住宅ローンについてですが、銀行各支店での取り扱いがあるのはもちろんですが、専門の窓口として「肥後銀行個人総合コンサルティングプラザ」という機関があります。
その地域での拠点となるような大きめの支店に併設されていることが多いのですが、ここは土日もあいていて(水曜日は定休日)午後6時まで営業しています。
また住宅ローンの専門スタッフが常駐しているので、お仕事などで忙しい方も気軽に相談することができるのでおすすめです。